【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ13話 ネタバレ・考察・感想 神バトルが台無しに

前回の【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ12話 では七つの大罪を甘くみたメラスキュラが討たれ、

暗澹の繭から解き放たれたメリオダスは十戒統率者の時代のメリオダスに。

 

 

マーリンがパーフェクトキューブにメリオダスとエスカノールを閉じ込め

エスカノールにメリオダスを止めさせようとします。

 

 

前回の記事はこちらから↓

[kanren2 postid=”897″]

 

 

では【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ13話 ネタバレ・考察・感想

神バトルが台無しにを書いていきます!

 

 

【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ13話 ネタバレ・考察

期待していた分作画の酷さには本当にがっかりしました。本当になんなんだ?がっかりすぎます。

作画がひどい分スピード感とかが優れているのならばまだいいんですがそっちも紙芝居レベル。

なんじゃこりゃ?

 

 

 

メリオダスVSエスカノール

パーフェクトキューブに閉じごめられた両者は戦闘を開始、

エスカノールは序盤から飛ばしていきますがそれをメリオダスは軽々凌いでいき

エスカノールを圧倒していきます。

 

 

腹にヤイバを刺されたエスカノールは筋肉を膨張させ傷口を塞ぎ闘級を大幅に上げて

再びメリオダスに襲いかかりますが

それでもメリオダスには歯が立たずボッコボコのフルボッコにされてしまいます。

 

 

 

天井天下唯我独尊

メリオダスにボコボコにされてしまうエスカノール、

七つの大罪メンバーもメリオダスの強さに驚きエスカノールが殺されてしまうのではと

考え加勢に向かおうとしますがマーリンはそれを制止。

 

 

正午からの1分間、最強になるエスカノールにかけると言います。

 

 

正午になったエスカノールは今までにないほどの巨体となり、

メリオダスの技を受けてもノーダメージ。

神器を使わずにただの手刀【聖剣・エスカノール】でメリオダスの体を引き裂き打ち倒します。

 

 

 

マーリンに倒されるエスカノール

メリオダスを倒したエスカノールは余裕綽綽。

しかしマーリンが軽く子ついただけでエスカノールは倒れてしまい

メリオダスともども家に運び込まれ寝かされてしまいます。

 

 

 

【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ13話 を無料で観るためには?

無料で今すぐに七つの大罪を観たい!

という方にオススメなのがFODプレミアム!

 

 

1ヶ月間の無料期間中に解約をすればアニメがタダで見放題です!

※違法サイトとは違いしっかり合法のサイトなので安心してご利用いただけます。

 

 

FODプレミアムで今すぐ見る

 

 

 

 【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ13話 感想

前回のクソ作画からは少しは進歩したもののほとんど成長が見られなかった13話。

残念でした。ただもう作画に関してはもう全く期待せずに

声優さん達の表現力の凄さだけ楽しめばいいかなぁと思います(笑)

 

 

なんで作画に関する悪口はここまで(多分)

次回からは最上位魔神・チャンドラーキューザックも登場してくるので楽しみです!

 

 

 

以上

【七つの大罪神々の逆鱗】アニメ13話 ネタバレ・考察・感想 神バトルが台無しにでした

コメントお待ちしています!

 

 

次回の記事はこちらから↓

[kanren2 postid=”908″]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です