【七つの大罪 神々の逆鱗】アニメ3話 ネタバレ・考察・感想 ついに四大天使が現れる?!

こんにちは!七つの大罪神々の逆鱗の記事を担当しているくっすーです!

 

 

前回2話では十戒 グロキシニアとドロールがキングとディアンヌを育成するというまさかの展開

今回3話では3000年前の過去には飛ばされた世界でのお話です。

 

 

 

【七つの大罪 神々の逆鱗】アニメ3話 ネタバレ

3話ではついに四大天使が登場!

天使と言うにはかなり姑息な手を使い魔人族を誘き出していました。

 

 

 

VS十戒【敬神】カルマディオス

十戒【敬神】カルマディオスに襲われるキングとディアンヌ

十戒という名前・カルマディオスの威圧感に圧倒され逃げようとする2人ですが

敬神は背を向けたものを支配してしまうので逃げるなとメリオダス

 

 

どうすることもできず右往左往している隙にディアンヌはカルマディオスに吹っ飛ばされてしまいます。

オイラのディアンヌをよくも!

怒りに任せ霊槍で攻撃すると攻撃が十回相手でも通用することが判明

 

 

またディアンヌもヘビメタ抜きで攻撃を喰らったもののほぼノーダメージ

これなら戦えると判断しカルマディオスに襲いかかります。

 

 

霊槍バスキアス第二形態ガーディアン壊死毒(ネクロシス)

縛錠(ギガロック)

グロキシニアとドロールの技でカルマディオスの動きを完全に封じてしまう2人

 

 

エビル・フレア!

行動を封じられたカルマディオスは口から炎を吐き出し2人を焼き殺そうとします。

しかし突如として現れたメリオダスのフルカウターによりカルマディオスは大ダメージを受け退散を余儀なくされます。

 

 

人間を襲っていた魔神族もエリザベスの説得により退散

ひとまず難を逃れることに成功するのでした。

 

 

 

スティグマの戦士

メリオダスたちに助けられた人間たちそのリーダー・ローがメリオダスたちの仲間にしてほしいと懇願

メリオダスはそれを快く快諾します。

 

 

スティグマは女神族を柱とし巨人族、妖精族の三種族連合

そこにロー率いる人間たちも加わるのでした。

 

 

 

スティグマの本拠地

戦いに蹴りがつきひとまず拠点に戻るメリオダス一行

 

妖精族の森に移動したキングは森を見渡し魔力の違いに落胆

ディアンヌは拠点を見るとあれは何?と驚き

今日のお前たちはどこかおかしいとメリオダスに疑われてしまいます。

 

 

 

四大天使 リュドシエル

本拠地 恩寵の光にたどり着いた

メリオダス一行

 

 

女神族の新兵長ネロバスタにねぎらいの言葉をかけられるのかと思いきや

3人がかりで十戒一匹を退けるのがやっととはな、

と何やら高圧的なご様子

 

 

ネロバスタ

その辺しておきなさい

ついに現れる四大天使リュドシエル

 

 

人間を歓迎するとリュドシエルとはいい、舞台のまえにでてきて聖戦がついに終結すると言います。

その言葉にようやく魔神族との戦いが終わると期待するエリザベス

 

 

しかしリュドシエルのいう聖戦の終結とは魔神族を根絶やしにすることを示していたのでした。

 

 

 

メリオダスとロー

1人で肉を喰らうメリオダス

そこにローが現れます。

 

 

ローはメリオダスが魔神族であることを見抜いており

メリオダスは身内からしたら大悪党だな

と笑います

 

 

聖戦の決着はどうつくのかな?とロー

それに対しメリオダスは何が聖戦なんだ?

戦争に聖も邪も良いも悪い無あるかよと告げます。

 

 

するとローはだな、ただいまは俺とお前は仲間だと拳を合わせます。

 

 

 

リュドシエルと敵対するエリザベス

魔神族を根絶やしにするというリュドシエル

エリザベスはメリオダスの前でよくもそんなことを怒りをあらわにします。

 

 

魔神族は虫けらのくそも同然

リュドシエルはそう良いエリザエベスの顎を指で持ち上げます。

 

 

不敵な笑みのリュドシエル

エリザベスはリュドシエルの手を弾き本拠地を飛び出していきます。

 

 

 

リュドシエルの結界

巨人族に稽古をつけるディアンヌ

キングはグロキシニアの妹がジェラードだと気づき

森の奥の魔力の正体を訪ねます。

 

 

ジェラードは魔力の正体はリュドシエルがグロキシニアのいない間に作った結界だといいただそれは表向きと

目を背け謝り

結界ではなく魔神族を誘き出す生き餌だということを伝えます。

 

 

 

怒り狂う魔神族

リュドシエルが作った超巨大なアーク

そこに囚われた仲間を救う為魔神族が押し寄せてきます。

 

 

エリザベスはリュドシエルが魔神族を根絶やしにする為におびき出したことを悟り魔神族との交渉に単独で向かい

仲間たちを解放することを条件に交渉は成立

 

 

エリザベス様時間稼ぎご苦労

空から響くリュドシエルの声

アークに囚われた魔神族はリュドシエルに皆殺しにされます。

 

 

怒り狂う魔神族

エリザベスはデリエリに殴り飛ばされてしまいます。

 

 

 

【七つの大罪 神々の逆鱗】アニメ3話 考察

メリオダスに救われた人間たち

そのうちのローはバンと瓜二つであるのでバンの前世とかなんでしょうか?

 

 

魔神族を皆殺しにしたリュドシエルですが十戒+魔神族を掃討できる自信があることからかなりの実力者であることが伺えます。

少なくとも十戒2人分ぐらいはありそうです。

 

 

 

【七つの大罪 神々の逆鱗】アニメ3話 感想

ついに現れた四大天使リュドシエル神々しい見た目なんですが顔がゲスすぎる。

エリザベスのことを顎クイしてますしなんか好きになれません。

 

 

来週あたりボコボコにされないかな。

 

 

 

来週の七つの大罪神々の逆鱗は103017:55

お楽しみに!

 

 

[aside type=”normal”]

【七つの大罪 神々の逆鱗】アニメ4話 ネタバレ・考察・感想はこちらから

[/aside]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です