【BORUTO-ボルト-】アニメ129話 ネタバレ・考察・感想 ボルトとナルトがまさかの遭遇?!

こんばんは!BORUTO-ボルト-の記事を担当しているクッスーです!

 

 

前回ボルト128話では大筒木一族に伝わる宝具カラスキで

過去までタイムスリップしてしまったボルトとサスケ

 

 

今回ボルト129話はナルトを大筒木ウラシキから死守するべく動き出します!

 

 

 

BORUTO-ボルト-129話 ネタバレ

 

ボルト129話では幼かった頃のナルトとその息子であるボルトが遭遇

NARUTOから観ていたファンからすれば

かなりエモい回になっているのではないでしょうか?

 

 

 

5代目の時代までタイムスリップ

宝具カラスキの能力で過去まで飛ばされてしまったボルトとサスケ、

里を見渡しても景色が違い火影岩の顔岩も4代目までしか掘られてはいません。

 

 

宝具カラスキの話によればここは5代目火影が納めていた時代のようで

本来ウラシキが来ようとしていたのはナルトがもっと幼い幼少の頃

(誰からも相手にされずいたずらで気を引こうとしていた頃)

 

 

 

しかしサスケとボルトという異分子のせいで

時間の座標が乱れこの時間に飛ばされたのことでした。

 

 

ウラシキはボルトとサスケが来た時代よりも

数日後にこの時代にやってくるようです。

 

 

 

ナルトと自来也に遭遇

宝具カラスキの話によるとここでの行いは未来を変えてしまうとのことで

サスケはウラシキがナルトと接触を図るギリギリまでは

ナルトを監視し近寄らないことをボルトに話します。

 

 

しかし温泉街でナルトと自来也と遭遇

サスケの算段虚しく早速接触してしまいます。

 

 

 

ナルトがサスケとボルトの監視役

ナルトと自来也に覗き魔に仕立て上げられたサスケとボルトは綱手により助けられます。

 

 

ボコボコにされる自来也とナルト

 

 

それをかたわで見ていた2人に

見ない顔だな?お前たちは何者だ?と聞く綱手

サスケとボルトは芸者だといいやり過ごそうとします。

 

 

しかし、ここ最近木の葉の里から抜け人が出ており厳戒態勢を敷いているタメ

監視役として自来也とナルトあてがわれるのでした。

 

 

 

ナルトの家で寝泊りすることに

自来也は取材が忙しいからと監視役をナルトに任せ、

サスケは離れてナルトを監視するといいその場を離れます。

 

 

残ったナルトとボルト

ナルトはボルトだけはしっかり監視しておかないと

綱手に怒られるといい自分の家にボルトを招待するのでした。

 

 

 

親子の会話

寝ているボルトに話しかけるナルト

ナルトはボルトに父親のことを尋ねます。

 

 

ボルトは父親の良いところや悪いところ(おもに悪口)を

つらつらと話しますが、ナルトはそんなボルトを見て

家族の話をしている時は楽しそうだな

 

と言い続けてそんな父ちゃんだも嫌いじゃねーんだろ?とナルト

ボルトはナルトの方をチラッと見て嫌いじゃないと呟くのでした。

 

 

 

【BORUTO-ボルト-】アニメ129話 考察

宝具カラスキに忠告されてしまったことを早速破ってしまったボルト。

 

 

ナルトの家に寝泊り+自分の名前を馬鹿正直に伝える

これはもう歴史が変わり今後ボルトの存在が消えかけるという流れになりかねません。

 

 

おそらくそうなった場合はサスケの瞳術か何かで記憶を消すとかになるのでしょうけど

 

 

カラスキはウラシキがやってくるまで数日と言っていました。

ナルトの家で寝泊りしたので1日経過したわけですが

もうウラシキがいつ襲撃してきてもおかしくはありません。

 

 

サスケとボルトの戦力ではウラシキを倒し切ることは、できないでしょうから

サスケは今助けになる戦力を陰ながらに集めているかと思います。

 

 

 

【BORUTO-ボルト-】アニメ129話 感想

ボルトとナルトの会話がエモい!

父親を前に父親の話を楽しそうにするボルト

そんなボルトを温かい目で見守るナルト

なんだかホワホワっとした気持ちになりました。

 

 

ただ問題なのがこれ、

サスケがナルトのとの接触は避けるべきだとボルトに言い聞かせていたのに早速遭遇

これ確実に歴史変わりますよね。

 

 

今後どうやって歴史改変を免れていくのか、

ナルトをウラシキから守っていくのか見所ですね!

 

 

次回BORUTO-ボルト-130話はは10月27日(日)放送

 

 

お楽しみに!

 

[aside type=”normal”]

【BORUTO-ボルト-】アニメ130話 ネタバレ・考察・感想はこちらから

[/aside]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です