【BORUTO-ボルト-】アニメ142話 ネタバレ・考察・感想 コクリを襲った犯人ば誰だ?!

前回の【BORUTO-ボルト-】アニメ141話では任務でボルト・ミツキが鬼灯城に侵入。

鬼灯城に囚われた囚人を守るために2人は隠密的に動き出します。

 

 

前回の記事はこちらから↓

[kanren2 postid=”891″]

 

 

では【BORUTO-ボルト-】アニメ142話 ネタバレ・考察・感想

コクリを襲った犯人ば誰だ?!を書いていきます!

 

 

【BORUTO-ボルト-】アニメ142話 ネタバ・考察

鬼灯城編あまり期待はしていなかったんですがなかなかに面白い!

七つの大罪見た後にボルトみると作画クオリティの差も笑けてきます。

ボルトって安定して作画いいですよね。崩壊してるとこ見た記憶がない。

 

 

 

隔離から引き離されるボルト

医療監護で襲われたコクリ、しかし大した傷もなく襲われたことを医師に信じてもらえません。

ボルトは大したこともないので普通の監獄に逆戻り。

コクリとは離れ離れになってしまいます。

 

 

コクリが安全であるはずの医療監護で襲われたことによりボルト・ミツキは

サラダにムジョウにコクリをボルトの監獄に移動してもらうように提案。

 

 

しかし、ベンガがもっともらしい理由でそれを拒否。

コクリを移動するのに失敗してしまいます。

 

 

 

ベンガの弱み

ベンガの弱みを見つけてどうにかコクリをボルトの牢屋に入れたい3人は

それぞれ弱みを探し回りますがなかなか見つかりません。

そこでベンガノ弱みを知っているかもしれないという囚人たちのボスにボルトは会いに行きます。

 

 

囚人たちのボルトは情報を教えるかわりに灯台にある電球を持って来いという条件をボルトに提示。

ボルトは条件を飲んで忍術を使用することなく看守たちの目を掻い潜り、

灯台にある電球を確保することに成功します。

 

が、それはボスの罠。灯台周りには厳重な警備が引かれておりボルトは

顔こそ見られついないもののライトで照らされ

武器の標準を合わせられ動きを封じられてしまいます。

 

 

しかし雷遁の雷でライトを照らし目眩しをかけることで看守たちの前から離脱することに成功!

ボルトはボスからの条件を成功させベンガノ弱みを入手することに成功します。

ベンガの弱みを利用してコクリはボルトたちの牢屋に収監されることが決定します。

 

 

 

コクリを襲った犯人。

ボルトたちの牢屋に移動してきたコクリ。

しかしすぐに事態は急変します。

ゲートを解除するキ札を医療スタッフが3日前に無くしたことが判明。

 

 

ベンガは囚人たちの牢屋を全て調べ上げキ札を持っていた

囚人の牢屋にいたもの全てを懲罰房送りにしようと考えます。

 

 

ボルトとミツキは3日前にキ札がなくなりその後にゴクリが襲われたこと。

盗まれた人物が医療スタッフだったこと。

 

 

盗む機会があったのはボルトが倒れ、

医療スタッフがボルトの牢屋に来たときだけということ確認。

 

 

ボルトたちの牢屋以外は門が開けられていなかったので

クリを襲った犯人はボルトたちの牢屋の中にいると確信します。

 

 

 

〜考察1〜

こーゆー推理的な展開になって犯人は誰だ?!

となったときだいたいは主人公の手助けをしてくれていた人物が犯人。

(個人的見解)なので犯人はアライであると思います。

 

 

キャラデザ的にも他のモブとは違うのでアライが百パー犯人でしょう!!

 【BORUTO-ボルト-】142話を無料で視聴するには?

ボルトの見逃し配信を手軽にタダでみたい!

という方にオススメなのがU-NEXT!

 

 

1ヶ月間の体験期間中に登録解除すれば無料でボルトを視聴することができます!

※期間中はアニメが見放題!またボルト最新刊も一冊タダ!

 

 

U-NEXTで今すぐ観る!

 

 

【BORUTO-ボルト-】アニメ142話 感想

単発的なストーリーよりも今回のような何話にも渡ったストーリーの方が面白い!

鬼灯城はブラッドプリズン好きだったのでまたこの舞台を使ってくれるのは嬉しいですし

今回話もなかなか面白いですし脚本なかなか良し!

 

 

犯人はおそらくアライでしょうが

これからどんな展開になっていくのか楽しみです!

 

 

 

以上

【BORUTO-ボルト-】アニメ142話 ネタバレ・考察・感想

コクリを襲った犯人ば誰だ?!でした!

 

 

コメントお待ちしております!

 

 

次回の記事はこちらから↓

[kanren2 postid=”942″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です