【星合の空】11話 ネタバレ・考察・感想 眞己が天才すぎる!!

前回の【星合の空】10話 ではいよいよ夏の大会個人戦が始まりました!

一回勝てなければ部活は廃部というリスクを背負って臨んだ試合。

眞己・柊真ペアうがいは全て敗北。

 

 

この2人が勝てなければ部活動は今回限りになってしまいます。

(団体戦もであれば個人負けてもそっちで勝てばワンチャン)

 

前回の記事↓

[kanren2 postid=”743″]

 

 

では【星合の空】11話 ネタバレ・考察・感想

眞己が天才すぎる!!を書いていきます!

 

 

【星合の空】11話 ネタバレ・考察

ギリギリのところで負け続けている志城南中学。

最後の望みは眞己と柊真だけ。

一回戦目の相手は団体戦で当たる中学のジョイです。

 

 

 

ジョイを避けて作戦勝ち

一回戦目の相手はいきなり他校からも注目される選手であるジョイが相手。

志城南はこのペア以外全敗なのでもう後がありません。

 

 

試合が始まりいきなり圧倒されてしまう眞己と柊真。

柊真は負け癖がついているようでかなりネガティブ発言連発しますが

 

 

眞己のアドバイスで立て直し、守備範囲、運動親権が凄すぎるジョイを

狙わないロブ戦法で相手の光栄を揺さぶりまくり勝利を収めます。

 

 

全くボールにさわれなかったジョイはソフトテニスをもうやめてしまうようで

次は卓球に転向してしまうそう。

 

 

 

〜考察1〜

いくら強いと言ってもあの距離からのボレーをボレーで返してしまうジョイは正直化け物。

なのにロブには全く対応できなかったのは不自然すぎ。

 

 

あれだけ動けるのに横の移動だけで縦の移動が全くできない訳ないんで

眞己と柊真のご都合勝利感が半端じゃない

 

 

 

2回戦・3回戦も突破

2回戦目は前回の大会でベスト8にまで上り詰めたペア。

そこにも柊真と眞己は圧勝してしまい3回戦目に。

三回戦目の相手にも圧勝してついに4回戦目を迎えることになります。

 

 

 

〜考察2〜

2回戦目で前回ベスト8のペアと当たるということは眞己たちはシード下だったということ。

てことはジョイたちはたいした実績も残していないはずなんで

 

 

そんなに注目されるはずもないんですが全国優勝ペアにも名前を知られていたんで

やはり強い選手なのか。。トーナメントの組み合わせ方がわからない。

 

 

そして一回も勝てなかった柊真が大躍進。

眞己が天才すぎてチートレベルですよね。

 

 

 

五瀬ペア

双子の五瀬ペアは新城という名前を聞いて柊真の兄を思い浮かべたのか眞己たちを警戒。

4回戦目で勝ち上がってきた眞己たちと戦うこととなります。

 

 

試合が始まりサーブは五瀬ペア。

あまりにもサーブのキレが良すぎて柊真と眞己はまともに

サーブをレシーブすることができません。

 

 

 

〜考察3〜

アラシはテニス歴3ヶ月の眞己じゃ絶対に五瀬ペアには勝てないといっていましたが

自分はその眞己にギリギリまで追い詰められていたのを忘れてしまったんでしょうか?

 

 

五瀬ペアとアラシ(ペア除く)に差ほどの力の差はないでしょうから

眞己にもワンチャンありそうです。

 

 

 

【星合の空】11話を無料で観るには?

 

【星合の空】11話を無料視聴したい!

という方にオススメなのがU-NEXT!

 

U-NEXT

・31日間の体験期間中は月額が無料

・期間中に解約をすれば料金無料

・600ポイントがもらえるので漫画の最新刊の購入が可能

・映画や人気アニメなどが見放題!

・会員になると毎月1200ポイントがもらえ作品購入時最大40%ポイントバック!

・最大4人までアカウントをシェアできるので1人あたりの月額料はたった500円

 

 

登録期間中に解約をすれば無料で視聴できます。

 

 

U-NEXTで今すぐ観る!

 

 

 

【星合の空】11話 感想

やっぱりテニスメインの回は面白い!多少突っ込みどころはあるものの

自分がこのアニメに求めていたのはテニスなんでこのまま続いて行って欲しいです。

 

 

ただ必ずと言っていいほどクソ親をアニメに織り交ぜてくる星合。

そこだけ親に対してイライラするんでなんだかな。

 

 

 

以上

【星合の空】11話 ネタバレ・考察・感想 眞己が天才すぎる!!

でした!

 

 

 

コメントお待ちしてます!

 

次回の記事↓

[kanren2 postid=”817″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です