【星合の空】6話 ネタバレ・考察・感想 ミサキ学園の小物感が凄い

前回の【星合の空】5話 では眞己と柊真のペアとしての絆がより深くなり、

部活全体の士気も上がり、いよいよ練習試合というところで

話に区切りがつけられていました。

 

[aside type=”normal”]参考

【星合の空】5話 ネタバレ・考察・感想はこちらから

[/aside]

 

 

では【星合の空】6話 ネタバレ・考察・感想 をかいていきます!

 

 

【星合の空】6話 ネタバレ・考察

ミサキ学園は全国レベル学校だといっていたのでどんな学校なんだろうと思っていましたが

小物感がとにかく凄い。

これなら夏の本番の試合には勝てそうです。

 

 

 

勝利の舞

いよいよ始まった練習試合、コートは複数面あるのに

なぜか1ペアずつ代表で出てきて試合をするみたいです。

効率悪いしだいぶ時間を無駄にするやり方。。

 

 

出来るだけ試合をこなしたほうが練習にもなりますし

部員練習試合まであんな大声で応援するんですね。

 

 

晋吾は家で考えてきた勝利の舞を部員メンバー全員でに伝え

みんなでダンス。

流石にこいつらメンタル強すぎるやろって感じました。

 

 

 

試合開始!

1試合目に出るのは太洋と直央、

今までのプレイを見る限り4番手なような気がします。

 

 

試合が始まるとダブル後衛でミサキ学園を翻弄

1ゲームを取りますがとんとん拍子で3ゲーム取られ敗北してしまいます。

 

 

2試合目は凛太朗と樹

2ゲーム目を取りますがその他のゲームを落とし敗北します。

 

 

ただ全国レベルの学校から1ゲームを取れるということは

夏の大会で一回戦目突破はもう余裕だということが分かりますよね。

 

 

これだけ打ててなぜ今まで勝てなかったのかが本当に謎です。

メンバー全員本番では極度のあがり症とかなんでしょうか?

 

 

 

3試合目

3試合目は翅と晋吾、

相手は個人で全国に出たことのある強力なペアです。

 

 

このペアに対して2人はどう戦っていくのかと思っていたら

ボールを打つ際に大声を出して脅しをかけていくという

かなり卑怯なプレーを使い1ゲームだけとって敗北します。

 

 

樹はこの2人の卑怯なプレーを見て別に反則ではないといっていましたが

マナー違反でイエローカード出されることはあるんですよね。

何で実際反則行為です。

 

 

あかん。

 

 

 

VS王子

ベンチに座って偉そうにしていた

俺様キャラの王子は眞己と柊真と対戦することになります。

 

 

試合前からすごい高圧的な態度で2人を威圧する王子。

今までの奴らのように手を抜いたプレーをせず全力で叩き潰すと宣言します。

が、1ポイント目をあっさり眞己にボレーされるという残念っぷり。

 

 

その後は超高速サーブで2人にコートに返球させなかったり

隙をついた前衛アタックで華麗に得点を重ねていくも

 

 

今までの部員たち同様負けはしないものの

1ゲームは落としてしまいそうです。

 

 

というか全国レベルの選手がソフトテニスを始めて1週間もたっていない(多分)

眞己に綺麗にボレーされてしまうって相当ですよね。

王子は全力を出しているのでやはり眞己のソフトテニスのセンスはずば抜けています。

 

 

 

【星合の空】を無料で見るには?

星合の空をお金をかけずにタダで見たい!

という方にオススメなのがFODプレミアム!

 

 

30日間の体験期間中に解約をすればタダで星合の空が見放題です!

 

 

FODプレミアムで今すぐ見る

 

 

 

【星合の空】6話 感想

今までの星合の空はソフトテニスが中心ではなく

部員たちのドロドロとした心の闇や複雑な家庭の事情が描かれてきていました。

見ている側もそろそろメンタルやらやるてきてたんじゃないかと思います。

 

 

今回やっとソフトテニスが中心の回!

ただまだ初めての練習試合なんで白熱した戦いとかはありませんでした。

 

 

が、次回は王子との試合に蹴りがつくはずなんで

眞己たちがどれだけ食い下がれているのか楽しみです。

 

 

 

以上

【星合の空】6話 ネタバレ・考察・感想 ミサキ学園の小物感が凄い

でした!

 

 

次回

【星合の空】は11/20(木)1:58からです。

お楽しみに!

 

[aside type=”normal”]

【星合の空】7話 ネタバレ・考察・感想はこちらから

[/aside]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です